前へ
次へ

学習塾をどう利用するのか

学習塾では、学校の授業の予習や復習を含め、「定期テスト」も行っていますが、対象年齢(学年)は最近では引き下げられており、いわゆるお受験に挑戦する未就学の年齢から受け入れています。
塾通いするのは、中学1年からという時代であったものの、授業内容に難易度が出るタイミングで入校しています。
親に背中を押されて、という中学生もいるようで、勉強に対するモチベーションが下がったり、ゆるむシーズンを迎えることもあります。
やる気が出るタイミングで始めてみるのも大事ですから、慣らし慣らしで始めてみましょう。
受講生は、次の「定期テスト」までに冬休みや夏休みがある、ちょっと先の定期テストまでをどう過ごすのか、特に3学期は大事なテーマになるでしょう。
中学2年生ならば、年が明ければ受験が待ちかまえています。
学校も休校であったり、授業があっても短縮授業、有り余る時間に学習塾を選びましょう。
苦手教科や苦手分野の克服ができます。
漢字検定や英検などの各種検定に集中でき、志望校へは自己PRになり得るのです。

Page Top