前へ
次へ

学習塾に向いている子どものタイプ

勉強が苦手な子どもをやみくもに学習塾に通わせようとすると、あまり効果が出ず月謝だけがかさんでしまいがちです。
それどころか、他の子どもたちの迷惑になってしまうこともあるので気をつけたいところです。
まずは、自分の子どもが向いているかどうかを判断するのが重要でしょう。
まず、学習塾に向いている子どもというのは「学習意欲はあるけど何から手をつけていいかわからない」というタイプです。
こういう子どもは講師などがやることを指示してくれれば、迷うことなく学習を進めることができるようになります。
また、「わからないところがはっきりしていて、質問したがる子ども」も向いています。
子どもの学習とはいえ次第に親では対応できなくなるので、塾の講師のサポートがあれば安心です。
逆に向いていないタイプは、やる気がなかったり、マイペースな子どもです。
特にマイペースな子どもは、講師などに指示されるとやる気をなくすことがあるので注意しましょう。

Page Top