前へ
次へ

いい学習塾とは何かを考える

果たしていい学習塾とはどんな学習塾なのでしょうか。
親にとっていい塾が子どもにとってのいい塾ではないとよく言われますが、だからと言って子どもにとって都合の良い塾が本当に良い塾とも限りません。
子どもにとって都合がいいのは、仲のいい友だちがいる、場所がいい、先生が厳しくないといった目線であることが大半です。
一緒に頑張れる友だちならいいですが、塾でおしゃべりばかりしていて身が入らないようでは困りますし、まわりに遊べる店が多いから都合がいいというのも困ります。
先生がやさしいのは悪いことではありませんが、勉強はしっかりさせてくれないと困りますね。
そうして点から、いい塾を選ぶには親と子ども、両方の視点でしっかり選ぶ必要があります。
大前提として、良い先生がいる、カリキュラムがしっかりしているというのは大切です。
プラス、続けるためにはやはり家計的に予算内である必要はあるでしょう。
そのうえで、子どもと相性が良いかどうかを確認するのがおすすめです。
例えば集団形式とマンツーマン形式と、どちらが伸びるかは子どもとの相性次第です。
親にとっても子どもにとっても大切なことですので、良い結果が出せる塾を選ぶようにしたいですね。

Page Top